WDWのダイニングプランの使い方は?ポイントが余りそうな場合や食事が多すぎる際の利用法は?


スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

Have A Magical Day―ディズニーワールド夢と魔法の旅へ―へようこそ!!

私は、案内人のチャイロです。

 

今回は、、、

ディズニーワールドのダイニングプランの使い方は?多すぎる食事や余ってしまそうな場合のポイント利用方は?

です。

 

ディズニーワールドでは食事の量が多かったりして食べきれないことがあります。

 

そんな時はどのようにしてポイントを使ったら良いでしょうか?

また、余ってしまったポイントはどのように利用すれば良いでしょうか?

 

ここでは、WDWのダイニングプランのポイントを上手に利用するコツを紹介します。

 

秋や冬のキャンペーンでリーダイニングプランが付いてくる方、ダイニングプランをつけようか迷っている方におすすめの情報です。

 

それでは、早速行ってみましょう☆

 

 

【ディズニー・ダイニングプランとは?】

ディズニー・ダイニングプラン(以下、ダイニングプラン)は、ディズニーワールド内のリゾートに宿泊しパークチケットを一緒に購入した人だけが利用できる食事つきプランです。

 

同じ部屋に宿泊するすべての人がパークチケットを購入しダイニングプランを付ける必要があります。

※一人だけダイニングプランを利用しないということができません。

 

 

◎ダイニングプランの種類

ダイニングプランには3種類あります。

  • クイック・サービス・ダイニングプラン
  • レギュラー・ダイニングプラン
  • デラックス・ダイニングプラン

 

 

◎各ダイニングプランのポイント

1泊で付いてくる1人分のポイント数

全てのプランにはリゾート内で利用できるリフィルマグが1人に1つ付いてきます。

 

≪クイックサービスダイニングプラン≫

クイックサービスレストランで利用できるポイント×2

スナックポイント×2

 

≪レギュラーダイニングプラン≫

クイックサービスレストランで利用できるポイント×1

テーブルサービス(キャラクターダイニング含む)で利用できるポイント×1

スナックポイント×2

 

≪デラックスダイニングプラン≫

クイックサービスレストラン、テーブルサービスレストランで使えるポイント×3

スナックポイント×2

 

 

◎ポイント制

ポイントは1人1人につくのではなく、同じ部屋に宿泊している人の合計でポイントが付きます。

ポイントは宿泊日数分付きます。

 

例えば、、、大人2人の6泊ディズニーホテルに宿泊した場合

 

≪クイックサービスダイニングプラン利用の場合≫

クイックサービスポイント: 24ポイント
6泊 × 1日2ポイント × 2人 = 24ポイント

 

スナックポイント: 24ポイント
6泊 × 1日2ポイント × 2人 = 24ポイント

 

≪レギュラーダイニングプラン利用の場合≫

クイックサービスポイント: 16ポイント
6泊 × 1日1ポイント × 2人 = 16ポイント

 

ダイニングポイント: 16ポイント
6泊 × 1日1ポイント × 2人 = 16ポイント

 

スナックポイント: 24ポイント
6泊 × 1日2ポイント × 2人 = 24ポイント

 

≪デラックスダイニングプラン利用の場合≫

ダイニングポイント: 36ポイント(クイックサービスでもテーブルサービスでも同じ1ポイント消化)

6泊 × 1日3ポイント × 2人 = 36ポイント

スナックポイント: 24ポイント
6泊 × 1日2ポイント × 2人 = 24ポイント

 

 

【ダイニングポイントの使い方】

スポンサーリンク

◎料理のシェア

ポイントは必ず1人1ポイント各レストランで利用する必要はありません。

 

「お腹が空いていないとき」、「できるだけたくさんのレストランに行きたい」、「量が多いから人数分の料理はオーダーしたくない」ということもあると思います。

 

そんなときはオーダーしたい量の分だけポイントを使うことができます。

2人で1ポイント3人で2ポイントという使い方ができます。

 

これは、クイックサービスでもテーブルサービスレストランでもできます。

 

例えばシグネチャーダイニングで1回のレストラン利用で2ポイント必要なレストランへ行くとします。

そうすると途中、ポイントが足りなくなってしまいますよね。

 

そんな時にも有効に使えるので、利用するレストランとポイントは常に把握し計画的にポイントを利用しましょう。

 

※ポイントは毎回レシートに記載されます。(グループでの合計ポイント)

 

≪ブッフェスタイルのレストラン≫
ブッフェスタイルやファミリーダイニング、キャラクーダイニンは1人1ポイント必要です。
(ファミリースタイル:ポリネシアンリゾートのオハナ、エプコットのガーデングリルなど)ポイントをシェアすることはできません。食事を取らなくてもテーブルに着席した人数分のポイントが必要となります。

 

 

◎ポイントの混合使い

先ほど食事をシェアして人数分のポイントは使わないポイント利用方法を紹介しました。

 

量が多い際やお腹が空いていないときのポイン利用方法としてクイックサービスポイントとスナックポイントを混ぜて使う方法があります。

 

クイックサービレストランではサイドメニュー(サラダやスープなどでスナックポイントが使えるものがあります。

クイックサービスのポイントで1つメインをオーダーしスナックポイントでサイドメニューをいくつか頼むこともできます。

レストランによって違いますが、スナックポイントで使えるメニューが違うのでレジのキャストに確認してくださいね。

 

 

◎利用できる期間

ダイニングポイントはチェックインした日からチェックアウトする日の23:59まで利用できます。

 

日本からの便だとチェックイン日は夜遅く、チェックアウト日が朝早いという方もいらっしゃると思います。

その場合、ポイントを利用できる日が少なくなってしまうので余らせてしまうことになりかねません。

利用できる日と利用するレストランをしっかり計画してできるだけ有効にポイントを使いましょう!

 

 

【使いきれないポイントはどうしたら良いの?】

◎シグネチャーレストラン

テーブルサービスレストランの中にはシグネチャーレストランといって1回の利用に2ポイントテーブルサービスポイントが必要なレストランがあります。

 

レギュラーダイニングプランを利用する方で食事の量が多そうで心配という方は、1,2箇所テーブルサービスポイントを食事のシェアでセーブして高級なシグネチャーレストラへ行くという方法もあります。

 

逆にシグネチャーダイニングを利用する方でポイントが足りないという方は食事のシェアでポイントをセーブすることも可能ですね。

 

 

◎クイック1ポイント=スナック3ポイント

クイックサービスポイントが余りそうと思ったらこんな使い方ができます。

 

クイックサービスポイントは1ポイントをスナック3ポイントにして使うことができます。

ただし、1回で3ポイント分同じ会計で使う場合に限り利用できる方法です。

 

例えば、、、

スナックポイントが使えるアイスクリーム3つクイックサービス1ポイントで購入することができます。

 

この方法であれば秋のフード&ワインフェスティバルで効率よくクイックサービスのポイントが消化出来ます。

1か所のキオスクで3つのスナックポインを使う場合はクイックサービスのポイントを1つ使うことが可能です。

(システム的に使えないところもあるので、利用する前に確認することをおすすめします。)

 

 

≪テーブルサービスポイント≫
以前テーブルサービスのポイントを1つ余らせてしまいました。その際もテーブルサービスでも3スナックポイン相当での対応でした。(現在は変わっているかもしれません。)テーブルサービスポイントはレストランによっては1ポイント$50相当の価値があるポイントです。できるだけテーブルサービスポイントは残さないようにすることをおすすめします。

 

 

 

◎余ったポイント

帰国までにどうしても使いきれなかったポイントは、お土産用のお菓子に交換することができます。

 

お菓子が売っているお土産屋さんに行くとスナックポイントのマークを目にすると思います。

スナックポイントのマークがある商品はスナックポイントと交換ができます。

 

帰るまでにどうしても使えなかったポイントはそのままにせず、お土産にして持って帰りましょう!!

 

 

【まとめ】

・料理をシェアして少ないポイントでの利用ができる。
・クイックサービスではスナックポイントと混ぜてポイントを利用できる
・クイックサービスのポイント1=スナックポイント3
・余ったポイントはお土産のお菓子と交換できる

 

いかがでしたか?

 

ダイニングプランは上手に使うととってもお得ですが、使い方次第では元が取れず損をしてしまいます。

ポイントをしっかり把握して計画的にポイントを使い切りたいですよね。

 

ダイニングプランは毎年ルールが変わるのでその年のルールや使い方を把握して思いっきり食事を楽しみましょ☆

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

それでは、

Have A Magical Day☆

スポンサーリンク

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★  

お気軽にお問い合わせください。

また、こんな情報欲しい、こんなこと知りたいなどなどあればコメントや問い合わせメールでご連絡ください。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブでも

ディズニーワールドやサイト情報をお届けしています。

フォローよろしくお願いします。

〈Twitter〉   Have A Magical Day : @Disney_Chairo
〈Instagram〉 Have A Magical Day : @disney_chairo
〈Facebook〉 Have A Magical Day : @DisneyChairo
〈YouTube〉 Have A Magical Day ←ここをクリック

コメントを残す