フロリダのディズニーワールドの7月8月の気温や気候は?服装や暑さ対策は?

Pocket

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

Have A Magical Day―ディズニーワールド夢と魔法の旅へ―へようこそ!!

私は、案内人のチャイロです。

 

今回は、、、

フロリダ・ディズニーワールドの7月と8月の気温や気候は?服装や暑さ対策はどうしたらよい?

です。

 

 

夏休みにディズニーワールドへ行かれる方も多いかと思います。

日本でも7月と8月はとても暑いですが、ディズニーワールドがあるフロリダ州オーランドもとっても暑い時期です。

 

暑いといってもどのくらいの気温で日本と比べてどうなのか、天候や服装など気になりますよね。

 

ここでは、オーランドの7月と8月の気候や天候、服装について紹介します。また、暑さ対策として持ち物や水分補給、過ごし方も紹介しています。

 

それでは、今回も夢と魔法の旅の準備を一緒にしていきましょう☆

 

 

【オーランドの平均気温】

7月と8月の気温はほとんどかわりません。

朝晩も23℃ほどの気温で冷え込むことはまずありません。

日中は30℃超すことが基本暑い日では35℃前後まで上がることがあります。

 

気温だけ見ると日本と変わらないから大丈夫と思うかもしれませんが、フロリダの日差しは日本の日差しより強いです。

湿気が多少日本より少なく感じるので過ごしやすく感じる方もいるかもしれませんが、日差しが強い分、体力も消耗します。

 

また、雨季なので雨(スコール)に当たる日が多いのが7月8月の特徴です。

 

≪7月のオーランド平均気温≫

平均気温:28℃

平均最高気温:33℃
平均最低気温:23℃

過去最高気温:38℃
過去最低気温:17℃

降雨量:184mm
降雨日数:16日間

 

≪8月のオーランド平均気温≫

平均気温:28℃

平均最高気温:33℃
平均最低気温:23℃

過去最高気温:28℃
過去最低気温:17℃

降雨量:181mm
降雨日数:16日間

 

 

【気候や天候】

◎とにかく暑い

7月8月はとにかく暑いです!

特に日中は33℃~35℃まで気温が上がるので非常に暑く長い間外にいると体力がかなり消耗します。

 

パークも夏休みということで混雑していますし、外の列に並ぶこともあるかと思います。

熱中症や脱水症状、体調不良などには十分気をつけてください。

 

 

◎スコールの時期

7月8月は雨期で2日に1回の割合でスコールに遭遇します。

タイミング的に滞在中毎日遭遇してしまうこともあります。

 

スコールは昼過ぎ~夕方にかけてが多く基本は30~1時間くらいで雨は去っていきます。

短時間でバケツをひっくり返したかのような大量の雨が降り、水はけの悪い場所は通路に大きな池ができてしまうこともあります。

 

大きな雷雲が来ると雷は発生しイナズマを様々な場所で目にすることもあり雨が長引く場合もあります。

雷雲がパーク上空にあり危険な場合はアトラクションによっては一時運営が休止することもあります。

また、パークやホテルで安全のため建物内に避難するように案内があることもあるので、その際はキャストの指示に従ってください。

 

 

【服装や持ち物】

◎服装

半袖やノースリーブで1日を通して過ごすことができます。

現地の方は基本Tシャツまたはノースリーブ+短パンまたはハーフパンツです。

オシャレよりも動きやすさを快適さで服装を選んでいるのでとってもラフです。

ランニングパンツなどの短パンを履いている方も多いので周りを気にせず短パンはハーフパンツを着られますよ。

 

とても暑い7月8月ですが、その分建物内は冷房が強めにかかっていることもあるので、薄手の上着などを持ち歩くことをおすすめします。

ホテルからのシャトルバスは特に冷房が強く、時に上着を着ても凍えるくらい冷えていることもあります。

また、レストランも冷房が強い場合もあるので、寒がりな方やお子様と一緒の方は上着は上備しておくことをおすすめします。

寒いと唯一ゆっくり室内で休め貴重な時間の食事タイムも苦痛になってしまうので、荷物にはなってしまいますができるだけ(特に寒さが分からない最初の数日)上着を持ってホテルを出るようにしましょう。

 

 

◎持ち物

荷物になってしまいますが、以下のモノをパークに持って行くことをおすすめします。

  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • 上着(クーラー対策)
  • 雨具(スコールがある)
  • タオル(スコール用)
  • 水筒(必要であれば)

 

雨具のポンチョはパークで購入することも可能です。

ただし、東京ディズニーリゾートとは違い薄い造りなので日本から準備してくると良いかと思います。

 

水筒は必要ないかもしれませんが、お子様と一緒の方はすぐに水分補給できるよう1つはあってもよいかなと思います。

 

 

【暑さ対策】

◎日焼け止め

日焼け止めはこまめに塗りなおすことをおすすめします。

日本より日差しが強いので、日焼け止めを塗っていても焼けてしまいます。

汗などで流れてしまいそのままにしておくと皮膚にも良くないので、荷物にはなりますが日本から持ってきた日焼け止めを持ってパークへ行くことをおすすめします。

 

なお、日焼け止めはパークやホテルでも購入できます。

ウォータープルーフやお子様用、ベビー用、スプレータイプなど色々あるので万が一日本から持って行った日焼け止めがなくなってしまった際はすぐに購入することができます。

 

 

◎帽子とサングラス

≪帽子≫

帽子はできるだけかぶった方が良いです。

日差しがとても強いので頭皮が2,3日ですぐに赤くなります。(人によっては頭皮が向けてしまうこともあります。)

お子様と一緒の方は準備をお忘れなく。

帽子はパーク内でもたくさん売っているので現地調達でも良いかと思います。

 

日傘を利用している人はいません、、、さしていても誰も気にしませんが結構目立ちますね。

 

≪サングラス≫

サングラスもできればUVカットしてあるものがあるといいですね。

日本ではオシャレ=サングラスというイメージが強いですが、アメリカではサングラスは帽子同様身を守るものです。

目の色が青やグレー、茶色の現地の方たちはサングラスは必需品で子供でも目を守るために着用しています。

 

普段サングラスをしていないととても邪魔かもしれませんが、日差しがとても強いので普段使わない方でも念のため準備していおた方が良いアイテムです。

持ち歩くのに慣れていないと紛失しやすいので無くさないように気を付けてくださいね。

パーク内でもサングラスは購入できます。

 

 

◎水分補給

暑い中たくさんパークを歩くので水分補給は欠かせません。

ジュースは水分補給としてはあまり向かないのでお水がいいのですが、、、、

ディズニーワールド内のペットボトルのお水は高いです。

 

そんなときにおすすめなのがスターバックスです。

ディズニーワールドの各パークにはスターバックスがあります。

スターバックスのお水はろ過したお水が提供されているので、お水調達にはおすすめです。

お水がカウンターにあることもありますが、混雑時や店舗によっては並ばないともらえない場所もあります。

少し気が引けるかもしれませんが、列に並びお水だけもらうことは可能です。

 

また、水道水になるかと思いますが、クイックサービスレストランでも氷の入ったお水をもらうことができます。

私も数回飲んだことがありますが、味やにおいも特に気にならずお腹を壊したこともありません。

 

ホテルのドリングバーのところにもお水がありますので、気にならない方であれば、パーク内のクイックサービスレストランやホテルのドリングバーサービスでお水調達はできます。

 

 

【過ごし方】

◎日中はホテルで休憩

滞在が2~4日間と短い方は朝から晩まで遊ぶことになるかと思いますが、この時期はとにかく日中は暑いので昼間はホテルで少し休憩してするのがおすすめです。

 

夏休みシーズンの7月と8月中旬まではパークの運営時間も長いので朝からパークへ行くのであれば一度昼過ぎにホテルへ戻り夕方からまたホテルへ戻りシャワーを浴びたり休憩をして体力を温存する遊びからが良いですね。

特にお子様と一緒の方や滞在は長い方は後半の体調も考えると日中は休憩しにホテルへ戻るプランがおすすめです。

 

東京で夏に朝から晩まで遊んだ経験がある方いらっしゃるかと思いますが、滞在が長くなるディズニーワールドでは暑さや食事の違いなどから朝から晩まで遊ぶと後半に体調を壊してしまうこともあります。

 

無理をし過ぎずに日中にホテルで休憩するプランを計画することをおすすめします。

 

 

◎エキストラマジックアワー利用

ディズニーワールドではほど毎日のようにどこかのパークでエキストラマジックアワーが実施されています。

ディズニーワールド内のホテルに宿泊していれば利用可能です。

 

朝実施の日もあれば夜実施の日もあります。

気温の高い日中はホテルで休憩しエキストラマジックアワーをうまく利用してパークを楽しむ遊び方がおすすめです。

 

 

◎ウォーターパークやプールの利用

ディズニーワールドには2つのウォーターパークがあります。

また、各ホテルにはプールがあります。

 

ホテルのプールはホテルのカテゴリーによって違いはありますが、幼稚園~小学生くらいのお子様であれば十分楽しむことができますし、クールダウンすることもできるので大人の方にもおすすめです。

また、ホテルのメインプールではアクティビティも行われています。

 

日程に余裕がある方は日差し強い日中や午前中から昼過ぎにかけてウォーターパークの利用がおすすめです。

もちろん、ウォーターパークは1日を通して楽しむこともできます。

ウォーターパークは移動に時間はかかりますが、さっと遊ぶだけであれば2,3時間だけでも楽しむことはできますよ。

 

 

 

【まとめ】

・7月8月は日中30℃以上になる
・スコールがある
・朝晩の冷え込みは基本ない
・半袖で1日過ごすことができる

 

いかがでしょうか?

 

7月8月は日本もとても暑いですが、ディズニーワールドがあるフロリダ州オーランドもとっても暑いです。

暑さとどう付き合って行くかがカギになってきます。

 

水分補給をしっかりして体調管理には十分気を付けてくださいね。

 

≪2つのウォーターパーク≫

ウォーターパークにはファミリーで楽しめるエリア、お子様専用エリア、そして様々なスライダーがあります。
スライダーはスリルがあるものもあり身長制限があるアトラクションもあります。

ウォーターパークが気になる方は一度チェックしてみてください☆

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

皆さんのWDW旅行が夢と魔法いっぱいの素敵な旅になりますように、、、☆

 

それでは、

Have A Magical Day☆

スポンサーリンク

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

お気軽にお問い合わせください。

こんな情報欲しい、こんなこと知りたいなどなどあればコメントや問い合わせメールでご連絡ください。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブでも

ディズニーワールドなどのディズニー情報お届けしています。

(FacebookとTwitterでブログ&YouTube更新のお知らせあり)

フォローよろしくお願いします。

 

〈Twitter〉   Have A Magical Day : @Disney_Chairo
〈Instagram〉 Have A Magical Day : @disney_chairo
〈Facebook〉 Have A Magical Day : @DisneyChairo
〈YouTube〉 Have A Magical Day Channel ←ここをクリック

Have A Magical Day Channel では、ディズニーワールドやディズニークルーズラインについて紹介しています。
イベントやエンターテイメント、お土産特集、リゾートホテルなどなどの動画をアップしています。また、チャイロのWDW&DCL旅行記も随時アップして行く予定です。チャンネル登録お願いします

コメントを残す