ディズニーワールドの宿泊ホテルの決め方や違いは?おすすめ比較ランキングまとめ!


スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

Have A Magical Day―夢と魔法の旅へ―へようこそ!!

案内のチャイロです。

 

今回は、、、

ディズニワールド内のホテルのおすすめは?カテゴリーの違いは?

です。

 

ディズニーワールドにはたくさんのホテルがあります。

調べるとカテゴリーも色々あるし、ホテルもたくさんあるし、敷地も広くて、などなど、、、

どのホテル予算や希望プランに合っているのが迷いますよね。

 

ディズニーワールドでは全29のホテルリゾートの中から選ぶことになります。

各ホテルにはお部屋のカテゴリーがあるのでさらに選択肢が増えますよね。

 

ここでは、ディズニーワールド内の全ホテルリゾートの紹介とカテゴリーの違いを紹介します。

では、早速行ってみましょう☆

 

 

 

【4つのカテゴリー】

―4つのカテゴリー―

ディズニーワールドのリゾートホテルは大きく4つのカテゴリーで分かられています。

バリュー・リゾート
モデレート・リゾート
デラックス・リゾート
デラックス・ヴィラ
(キャンプサイト)

 

―ホテル名一覧―

◎バリュー・リゾート

ディズニー・オールスター・ムービー・リゾート
ディズニー・オールスター・ミュージック・リゾート
ディズニー・オールスター・スポーツ・リゾート
ディズニー・ポップセンチュリー・リゾート
ディズニー・アート・オブ・アニメーション・リゾート

◎モデレート・リゾート

ディズニーカリビアン・ビーチ・リゾート
ディズニー・コロナド・スプリングス・リゾート
ディズニー・ポート・オーリンズ・フレンチ・クオーター
ディズニー・ポート・オーリンズ・リバーサイド
ディズニー・フォート・ウィルダネ・リゾート‐キャビン

◎デラックス・リゾート

ディズニー・アニマルキングダム・ロッジ
ディズニー・ビーチクラブ・リゾート
ディズニー・ヨットクラブ・リゾート
ディズニー・ボードウォーク・イン
ディズニー・コンテンポラリー・リゾート
ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ
ディズニー・ポリネシアン・ヴィレッジ・リゾート
ディズニー・ウィルダネス・ロッジ

◎デラックス・ヴィラ

ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ・ヴィラ
ベイレイク・タワー・アット・ディズニー・コンテンポラリー・リゾート
ディズニー・ポリネシアン・ヴィラ&バンガロー
ディズニー・リッジ・ヴィラ・アット・ディズニー・ウィルダネス・ロッジ
ディズニー・ビーチクラブ・ヴィラ
ディズニー・ボードウォーク・ヴィラ
ディズニー・アニマルキングダム・ヴィラ‐ジャンボ・ハウス
ディズニー・アニマルキングダム・ヴィラ‐キダニ・ヴィレッジ
ディズニー・オールド・キーウエスト・リゾート
ディズニー・サラトガ・スプリングス・リゾート&スパ

◎キャンプグラウンド

ディズニー・フォート・ウィルダネ・リゾート‐キャンプサイト

 

 

【各カテゴリーの特徴】

スポンサーリンク

―バリュー・リゾート―

≪5か所≫

ディズニー・オールスター・ムービー・リゾート
ディズニー・オールスター・ミュージック・リゾート
ディズニー・オールスター・スポーツ・リゾート
ディズニー・ポップセンチュリー・リゾート
ディズニー・アート・オブ・アニメーション・リゾート

 

◎値段

バリューリゾートは安い値段でディズニワールドの特典を受けることができます。

部屋のカテゴリーやシーズンにもよりますが、オールスターリゾートやポップセンチュリーは安いお部屋で$150~$200が相場です。

※ファミリースイートは除く

 

◎リゾート

バリュー・リゾートは外廊下で入口も外側にあります。

窓は開閉できず、入口の横にあり廊下(通路)に面しているのでカーテンを開けておくと部屋の中が見えてしまします。

※アートオブアニメーションのファミリースイート(ニモ、カーズ、ライオンキング棟)は中廊下で開閉不可の腰窓付き

 

◎お部屋

・ダブルベット2台またはキングサイズベット1台

・シンクは1つ(アメニティのシャンプー、コンディショナー、石鹸あり)

・冷蔵庫、テレビ、アイロン、ドライヤーあり

 

◎部屋タイプ

オールスターリゾート・ムービー/ミュージック/スポーツとポップセンチュリーは大きく2つのカテゴリーで部屋から近い「プリファード・ルーム」、と通常の「スタンダード・ルーム」に分けられています。

お部屋の大きさはカテゴリーでの違いはありません。

 

≪リトルマーメイド棟≫

アートオブアニメーションのリトルマーメイドのお部屋はポップセンチュリーやオールスターリゾート同様のお部屋タイプです。

リトルマーメイド棟はリゾート内の一番奥にありプリファードルームはありません。

 

≪ファミリーススイート≫

ファミリースイートは最大大人6人まで宿泊可能です。

 

アートオブアニメーションのニモ/カーズ/ライオンキング棟

アートオブアニメーションの3つ棟(アリエル棟以外)はすべてファミリースイートです。

 

オールスター・ミュージックの一部(カテゴリー:ファミリースイート)

オールスターリゾートの中でもオールスター・ミュージックにだけファミリースイートのカテゴリーがあります。

 

◎こんな方におすすめ

・とにかくパークをおもいっきり楽しみたい!
・安いく泊まりつつリゾート特典も利用したい!
・可愛いポップンなリゾートに宿泊したい!
・家族が多くても1つの空間で安く宿泊したい!(ファミリースイート)
など

 

―モデレート・リゾート―

建物のスタイルはバリューと同じですが、ディズニー色は薄く落ち着いた雰囲気があります。

湖や川があり風景も素敵です。

低価格で高級感のある雰囲気があるのがモデレートタイプのリゾートです。

 

≪5か所≫

ディズニーカリビアン・ビーチ・リゾート
ディズニー・コロナド・スプリングス・リゾート
ディズニー・ポート・オーリンズ・フレンチ・クオーター
ディズニー・ポート・オーリンズ・リバーサイド
ディズニー・フォート・ウィルダネ・リゾート‐キャビン

 

◎値段

モデレートは部屋のカテゴリーが多く値段にも多少差がありますが、一番安い時期だとスタンダードルームで$210前後です。

部屋タイプやシーズにによっても変わりますが、スタンダードルームでだいたい$250~$300が相場くらいです。

カリビアンビーチのパイレーツルームやポートオーリンズリバーサイドのロイヤルゲストルームは少し高めになります。

 

◎リゾート

ホテルの建物は2階縦が基本です。

植民地時代の南国のをイメージ建物の雰囲気やニューオーリンズの雰囲気などお洒落で落ち着いた雰囲気のリゾートです。

リゾートの敷地面積も比較的広く、噴水があったり、水辺を散歩できたりと外の景色も素敵ですよ。

 

◎お部屋

お部屋は基本バリュー・リゾートと同じです。

インテリアはバリューリゾートとは違いも落ち着いた雰囲気です。

バリューとの違いとしては洗面台のシンクが2つあります。

 

カリビアンビーチリゾートとポートオーリンズリバーサイドはお部屋よって折り畳みのベットも付いています。

 

◎部屋タイプ

部屋のカテゴリーはリゾートによって違いはありますが、バリューリゾートよりも多く細かく分かれています。

 

・スタンダードルーム
・ガーデンビュー
・ウォータービュー
・キングベット
などが主なカテゴリーです。

リゾートによってはプリファードルームもあります。

 

≪パイレーツ・ルーム≫

カリビアンビーチリゾートにはパイレーツルームがあります。

男の子のお子さんお誕生日などに宿泊したりと、小学生の男の子に人気のお部屋です。

 

≪ロイヤル・ゲスト・ルーム≫

お姫様が好きな方にはポートオーリンズリバーサイドのロイヤルゲストルームがおすすめです。

ディズニープリンセスが出てくる様々な映画のエッセンスが部屋のあちらこちらで見られます。

 

「プリンセスと魔法のキス」がメインテーマになっている部屋でプリンセス・ティアナ色いっぱいのかわいいお部屋です。

他にも壁にはたくさんのディズニープリンセスの絵も飾られていたりとプリンセスいっぱいのお部屋です。

 

また、ベッドヘッドはスイッチを入れると花火があがる素敵な仕掛け付きディズニーマジックにかかりながら部屋でくつろげます。

 

≪スイートルーム≫

コロナドスプリングスにはリビングルームが付いたスイートルームがあります。

1ベッドルームと2ベットルームがあり贅沢なるリゾートステイが楽しめます。

 

◎こんな方におすすめ

・デラックスリゾートは高いけど落ち着いたリゾートステイをしたい!
・特別なお部屋に泊まりたい!(ロイヤルゲストルーム/パイレーツルーム)
・ディズニー色だけでなくリゾート来た気分を味わいたい
など

 

―デラックス・リゾート―

高級感があるホテルでパークの近いエリアにあります。

キャラクターダイニングのあるレストランや高級レストランもあり、ホテル全体で素敵なサービスを受けることができます。

 

≪8か所≫

ディズニー・アニマルキングダム・ロッジ
ディズニー・ビーチクラブ・リゾート
ディズニー・ヨットクラブ・リゾート
ディズニー・ボードウォーク・イン
ディズニー・コンテンポラリー・リゾート
ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ
ディズニー・ポリネシアン・ヴィレッジ・リゾート
ディズニー・ウィルダネス・ロッジ

 

◎値段

デラックスリゾートの値段はリゾートによって大きく変わります。

デラックスリゾートの中でも一番高いのはグランドフロリディアンです。

グランドフロリディアンでは安い時期でも$600前後からが基本です。

逆にデラックスリゾートの中でもウィルダネスロッジやアニマルキングダムロッジは安く、安い時期であればスタンダードルーム1部屋$350前後で宿泊できます。

ただし、スタンダードルームのお部屋からの景色はよくありません。

 

◎リゾート

外廊下のバリューやモデレートとは違い、通常のホテルです。

どのリゾートもテーマがしっかりしています。

 

どのリゾートもパークに行くのがもったいないほど色々な施設、サービスがそろっています。

中庭やプール、ショッピングエリアなど施設も充実していますし、高級感のあるレストランや個性あるレストランもあります。

キャラクターダイニングのあるリゾートも多く大人から子供なで満足できるリゾートになっています。

 

◎お部屋

お部屋にはベランダが付いていることがほとんどです。

お部屋も広くスーツケースを広げるスペースはしっかりあります。

 

ソファーやデスクもあります。

シンクはダブルシンクが基本です。

 

◎部屋タイプ

スタンダードルーム
ガーデンビュー
プールビュー
1ベッドルーム
2ベットルーム

が主なカテゴリーです

 

≪パークビュー≫

マジックキングダムが部屋から見えるリゾートもあります。

コンテンポラリーリゾート
ポリネシアンリゾート&スパ
グランドフロリディアンヴィレッジリゾート

お部屋からマジックキングダムが眺められ場所によっては花火を部屋から楽しめます。

 

≪バンクベット≫

バンクベットとは2段ベットのことです。

アニマルキングダムロッジとウィルダネスロッジには2段ベットがあるお部屋があります。

 

≪クラブレベル≫

クラブレベルはコンシェルジェサービスが付いているお部屋です。

主なサービスは
・クラブレベル専用のデスクでチェックイン
・ウェルカムドリンクのサービス
・軽食のサービス(夜はアルコール付き)
・ベットのトーンダウンサービス
・ヘルプデスク

お部屋はクラブレベルラウンジがある高層階が多いです。

 

◎こんな方におすすめ

・素敵なサービスと素敵な部屋、素敵なリゾートでWDWを思いっきり満喫したい方
・パークアクセスが良いリゾートを希望の方
・クラブレベル利用希望の方
・お部屋から素晴らしい景色を楽しみたい方
・リゾート内の施設もしっかり満喫したい方
など

 

―デラックス・ヴィラ―

人数の多い家族やグループにも対応できるマンション(自宅)のような感覚でで滞在ができるバケーションホームタイプです。

リビングとフルキッチンのあるカテゴリーのお部屋がメインですが、通常のホテルのようなベットルームだけのお部屋もあります。

 

≪11か所≫

ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ・ヴィラ
ベイレイク・タワー・アット・ディズニー・コンテンポラリー・リゾート
ディズニー・ポリネシアン・ヴィラ&バンガロー
ボルダー・リッジ・ヴィラ・アット・ディズニー・ウィルダネス・ロッジ
クーパー・クリーク・ヴィラ&キャビン・アット・ディズニー・ウィルダネス・ロッジ
ディズニー・ビーチクラブ・ヴィラ
ディズニー・ボードウォーク・ヴィラ
ディズニー・アニマルキングダム・ヴィラ‐ジャンボ・ハウス
ディズニー・アニマルキングダム・ヴィラ‐キダニ・ヴィレッジ
ディズニー・オールド・キーウエスト・リゾート
ディズニー・サラトガ・スプリングス・リゾート&スパ

 

◎値段

値段はお部屋によって大きくことなります。

ダブルベット2台の通常のホテルタイプのお部屋であれば、$350前後から宿泊できます。

1ベットルームや2ベットルームなど大きなお部屋は1泊$1000以上するお部屋も多いです。

 

◎リゾート

デラックス・ヴィラはディズニーバケーションクラブ(DVC)のメンバーが利用するタイムシェアです。

デラックスリゾートの横にあり、併設しているデラックスリゾートの施設を同様に利用することができます。

 

デラックスリゾートに比べるとロビーも小さ目で少し簡素な感じるかもしれませんが、デラックスリゾートは同様素敵なホテルです。

 

◎お部屋

長期滞在者向けに作られていて、スタンダードルーム(ダブルベット2台)にも小さなシンクや電子レンジ、食器類が用意されています。

 

1ベットや2ベットルームになると、フルキッチン、食器や料理道具に加え洗濯機掃除機も付いています。

 

デラックス・ヴィラによって様々ですが、高額な夢のようなお部屋のキャビンやバンガローもあります。

 

◎部屋タイプ

スタンダードルーム
1ベットルーム
2ベットルーム
3ベットルーム

が主な部屋のカテゴリーです。

 

◎こんな方におすすめ

・大人数で豪華にリゾートを満喫したい
・WDW内のリゾートでもキッチン付きのお部屋がいい
・ミニキッチンが付いていてデラックスリゾート施設も使いたい
など

※デラックス・ヴィラはDVCメンバーが早い時期から予約を入れられるので、お部屋によっては取りにくい場合があります。

 

―キャンプグランド―

ディズニー・ワールドの敷地内にはキャンプ場もあります。

キャンピングカーエリアとテントエリアがあります。

 

≪1か所≫

ディズニー・フォート・ウィルダネ・リゾート‐キャンプサイト

 

 

【各リゾートの立地】

基本は各リゾートからはバスです。

以下のリゾートはパークが近いためバス以外の交通システムを使ってパークへアクセスができます。

―マジックキングダム―

◎徒歩

ディズニー・コンテンポラリー・リゾート+ベイレイク・タワー

 

マジックキングダムへのアクセスが一番早いのはコンテンポラリーリゾートです。

マジックキングダムへは徒歩5分ほどで行けます。

 

また、エプコットへもモノレールを使っても行けます。

 

◎モノレール/ボート

ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ+ヴィラ
ディズニー・ポリネシアン・ヴィレッジ・リゾート+ヴィラ&バンガロー

モノレールでパークへ行くこともできますが、ボートでもマジックキングダムへ行けます。

エプコットへ行く際はモノレールでも行けます。

 

◎ボート

ディズニー・ウィルダネス・ロッジ+ボルダー・リッジ・ヴィラ+クーパー・クリーク・ヴィラ&キャビン
ディズニー・フォート・ウィルダネ・リゾート‐キャビン&キャンプサイト

 

ボートでマジックキングダムへ行けます。(バスでも行けます)

 

―エプコット&ハリウッドスタジオ―

◎ボート/徒歩

ディズニー・ヨットクラブ・リゾート
ディズニー・ビーチクラブ・リゾート+ヴィラ
ディズニー・ボードウォーク・イン+ヴィラ
(ウォルト・ディズニー・ワールド・スワン&ドロフィンホテル)

ボートを使っていくことができます。

エプコットへは徒歩5~10なので徒歩の方が早いです。

ハリウッドスタジオへも船間隔によっては徒歩と変わりません。

 

―アニマルキングダム―

ディズニー・アニマルキングダム・ロッジ+ヴィラ(キダニ・ジャンボ)

 

交通システムはバスしかありませんが、アニマルキングダムまでの距離がとても近いです。

バスで約5分です。

 

―ディズニースプリング―

ディズニースプリングスへボート1本でアクセスできます。

ディズニー・オールド・キーウエスト・リゾート
ディズニー・サラトガ・スプリングス・リゾート&スパ
ディズニー・ポート・オーリンズ・フレンチ・クオーター
ディズニー・ポート・オーリンズ・リバーサイド

 

―バスのみのリゾート―

ディズニーカリビアン・ビーチ・リゾート
ディズニー・コロナド・スプリングス・リゾート
ディズニー・オールスター(ムービー・ミュージック・スポーツ)
ディズニー・ポップセンチュリー・リゾート
ディズニー・アート・オブ・アニメーション・リゾート

 

バスのみのアクセスとなり、どのパークへも10分~15分かかります。

また、バスが来るタイミングによってはバスの待ち時間を含めると30~40分かかる場合もあります。

 

 

【複数のホテル宿泊】

滞在日数にもよりますが、1回の滞在で2つのホテルへの宿泊も可能です。

チケットやファストパスなどもすべてネットで管理されているのでホテルホップしても問題ありません。

また、荷物も次のホテルへトランスしてもらえるので移動も便利です。

 

 

【おすすめホテル】

私のおすすめリゾートを紹介します。

私の好みもあるのでおすすめというより参考という程度でお願いします。

 

ホテルも多く値段も違えば部屋のカテゴリーも違うので気になったら候補に入れるという程度がいいと思います。

 

 

≪値段重視≫

ポップセンチュリーリゾート

 

≪可愛重視≫

アートオブアニメーションのリトルマーメイド棟

ポートオーリンズリバーサイドのロイヤルゲストルーム

 

≪立地重視≫

コンテンポラリーリゾート

ビーチクラブリゾート

 

≪景色重視≫

アニマルキングダムロッジのサバンナビュー

コンテンポラリーリゾートのパークビュー

 

≪お子様&ファミリー≫

アートオブアニメーションのニモ/カーズ/ライオンキング棟

アニマルキングダムロッジ・サバンナビュー

 

 

【まとめ】

・リゾートは4つのカテゴリーがある
・たくさんのリゾートとお部屋タイプがあるので選択肢は色々
・ホテルホップも可能
・デラックスリゾートは立地が良い

 

いかがでしたか?

 

ディズニーワールドへの滞在でリゾートホテルを決めるのは大事ですがとて迷いますよね。

 

しっかり調べて希望にあったホテルに宿泊してくださいね。

人気のお部屋は取れにくいこともあるので、早めに予約してくださいね。

 

ディズニーワールドのリゾートホテルで素敵な夢と魔法の時間を過ごして下さい。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

Have A Magical Day☆

スポンサーリンク

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

質問などお気軽にお問い合わせください。

また、こんな情報欲しい、こんなこと知りたいなどあればコメントや問い合わせメールでご連絡ください。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブでも

ディズニーワールドやサイト情報をお届けしています。

ぜひ、フォローお願いします。

〈Twitter〉   Have A Magical Day : @Disney_Chairo
〈Instagram〉 Have A Magical Day : @disney_chairo
〈Facebook〉 Have A Magical Day
〈YouTube〉 Have A Magical Day

2 Responses to “ディズニーワールドの宿泊ホテルの決め方や違いは?おすすめ比較ランキングまとめ!”

  1. 宜しくお願い申し上げます。
    2019年4月に行く予定をしています。

    • 村瀬 様

      楽しみですね。
      これから色々準備があると思いますが何かあればお気軽に問い合わせフォームから連絡ください。

      チャイロ

コメントを残す