アメリカのディズニーランドとディズニーワールドの違いは?日本との比較とカリフォルニアとフロリダパークの魅力!

Pocket

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは!

Have A Magical Day―ディズニーワールド夢と魔法の旅へ―へようこそ!!

私は、案内人のチャイロです。

 

今回は、、、

アメリカの2つのディズニーリゾート(カリフォルニアディズニーとフロリダディズニー)と日本の東京ディズニーリゾートの違いは?それぞれのメリットは?

です。

 

最近はヒルナンデスやZIP、イッテQやシューイチなどテレビでフロリダのディズニーワールドやカリフォルニアのディズニーランドリゾートが紹介されてアメリカのディズニーパーク(リゾート)に興味を持った方も多いかと思います。

また日本のディズニーパーク、東京ディズニーリゾートが好きな方であれば一度はアメリカのディズニーリゾートへ行ってみたいと思う方は多いかと思います。

 

さて、アメリカには2つのディズニーリゾートがありますが、カリフォルニアにあるディズニーランドリゾート(DLR)とフロリダにあるウォルトディズニーワールドリゾート(WDW)同じアメリカディズニーでも違いがたくさんあるのをご存じしょうか。

では東京ディズニーリゾートとカリフォルニアのディズニーランドリゾートとフロリダのウォルトディズニーワールドリゾートでは同じディズニーパーク(リゾート)でもどんな違いがあるのでしょうか?

 

ここでは、アメリカディズニーの2つのリゾート(WDWとDLR)と日本の東京ディズニーリゾート(TDR)の違いをそれぞれの魅力と共に紹介します。

 

アメリアディズニーへいつか行ってみたい方やこれからどちらかのディズニーへ行くのを検討している方などの参考になればと思います。

それでは、アメリカディズニーの世界を一緒に確認して行きましょう☆

 

 

【アメリアのディズニーリゾート】

◎アメリカディズニーリゾートの場所は?

≪ディズニーランドリゾート(DLR)≫

場所:カリフォルニア州アナハイム

日本からの最寄りの空港:ロサンゼルス国際空港(LAX)

 

ディズニーランドリゾートは日本(成田・羽田・関西空港)からロサンゼルス空港まで直行便で約10時間(帰りは約12時間)です。

空港からシャトルバスやタクシーで約60分の場所にあります。

 

≪ウォルトディズニーワールドリゾート(WDW)≫

場所:フロリダ州オーランド

日本からの最寄りの空港:オーランド国際空港(MCO)

 

日本からオーランド国際空港への直行便はないのでアメリカのどこかで乗換となります。

乗り継ぎ時間にもよりますが東京から乗り継ぎ1回で約17時間(乗り継ぎ時間約2時間の場合)となります。

オーランド国際空港からはマジカルエクスプレスやタクシーで約30~45分かかります。

 

 

◎パーク数はいくつ?

≪ディズニーランドリゾート≫
★ディズニーランドリゾート(DLR):2パーク
  • ディズニーランド
  • カリフォルニアアドベンチャー

 

カリフォルニアには2つのパークがあります。

1つは元祖「ディズニーランド」で東京ディズニーランドと同じようなパークです。

日本にないアトラクションももちろんあります!

 

もう一つは「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」です。

こちらは大人気の映画カーズのテーマをテーマにした「カーズランド」やピクサーをテーマにしたテーマランド「ピクサー・ピア」(2018年6月23日)オープン)がなどあり日本では体験できないアトラクションやショーがたくさんあります。

 

そして、パークの横に隣接しているのが「ダウンタウンディズニー(DT)」で様々なショップやレストランの他、パーク内の商品などが購入できるディズニーストア「ワールド・オブ・ディズニー」があります。(DTは入場料はありません。)

 

 

≪ウォルトディズニーワールドリゾート≫
★ディズニーワールド(WDW):4パーク
  • マジックキングダム
  • エプコット
  • ハリウッドスタジオ
  • アニマルキングダム

 

フロリダのディズニーワールドは4つのパークで構成されています。

マジックキングダムは東京ディズニーランドと同じようなパークで日本でもお馴染みのテーマランドやアトラクションもあります。

 

その他3つのパークはテーマが違い日本にはないアトラクションがたくさんあります。

アニマルキングダムはアトラクションはもちろんですが、広大な敷地にたくさんの動物たちが生活しています。そして、なんといっても映画アバターのエリア「パンドラ:ワールドオブアバター」があります。

ハリウッドスタジオ2018年6月30日に「トイストリーランド」がオープン、2019年にはスターウォーズをテーマにした「スターウォーズ:ギャラクシーエッジ」がオープンします。

エプコットはアトラクションの他に「ワールドショーケース」内にたくさんの国のパビリオンがあり日本館もあります。また、季節ごとにイベントがあり世界のフードや文化なども楽しめます。

 

また、2021年にはWDWは50周年を迎えるためアトラクションなど様々な施設がオープン予定となっています。

☆ディズニーワールドその他の主な施設
  • ブリザードビーチ(ウォーターパーク)
  • タイフーンラグーン(ウォーターパーク)
  • ディズニースプリングス(ショップやレストランなど:入場料なし)
  • ウィンターサマーランド(ミニチュアゴルフ)
  • ファンタジアガーデン(ミニチュアゴルフ)
  • ゴルフコース(6か所)

ディズニーワールドはウォーターパークやミニチュアゴルフなどもありパーク以外でも様々な体験ができます。

≪チケットを比較≫

※1ドル=105円
※アメリカのディズニーパークは税抜き価格
※2018年3月末の値段

 

1デイチケット(大人)
  • TDR:7400円
  • DLR:97ドル(10.246円)/117ドル(12.359円)/135ドル(14.260円)
  • DLRパークホップ(2パーク):147ドル(15.537円)/167ドル(17.651円)/185ドル(19.553円)
  • WDW(マジックキングダム):109ドル(11.520円)/119ドル(12.577円)/129ドル(13634円)
  • WDW(その他3パーク各):102ドル(10.780円)/114ドル(12.049円)/122ドル(12.894円)
  • WDWパークホップ(4パーク):164ドル(17.334円)/174ドル(18.391円)/184ドル(194.448円)

※アメリカ両パークの1デイチケットは混雑具合によりチケットの値段が変わります。

 

4デイチケット(大人)
  • TDR(マジックパス):22400円
  • DLR:1日1パークずつ→305ドル(32.237円)
  • DLR:パークホップ(2パーク)→355ドル(37.522円)
  • WDW:1日1パークずつ→380ドル(40.164円)
  • WDW:パークホップ(4パーク)→455ドル(48.091円)
  • WDW:パークホップ+ウォーターパーク→480ドル(50.734円)

※DLRは最大5日間まで、WDWは最大10日間までのチケットがあります。
※DRLもWDWも2日目からのチケットは混雑日関係なく一律の金額です。

 

 

◎リゾートの特徴や大きさは?

≪広さの比較≫
  • 東京ディズニーリゾート:510,000㎡
  • ディズニーランドリゾート:730,000㎡
  • ディズニーワールド:122,000,000㎡

 

≪ディズニーランドリゾート≫

カリフォルニアのディズニーリゾートは日本と同じ2つパークで構成されていますが、大きな違いの一つとして2つのパークのエントランスが向かい合わせとなっているところです。

エントランスの距離も遠くないので行き来もしやすいのでパークホッパーチケットが有効に使えます。

 

≪ウォルトディズニーワールド≫

敷地が広く4つのパークは離れています。

パークからパークや直営ホテルからパークへの移動にはバスで15分~20分ほどかかります。

道路も高速のような広さでリゾートというよりは1つの「市」の中にパークやホテル、様々な施設があると思っていただければイメージしやすいかと思います。


↑ディズニーワールド内の道路

 

 

【アトラクション】

日本にないアトラクションがたくさんあります。

 

アメリカ両パークはアトラクションがリニューアルするスピードが東京ディズニーリゾートより早いです。

特にDRLのディズニーランドやWDWのマジックキングダムは東京ディズニーランドと同じようなパークではありますが、日本にないアトラクションもあります。

また、東京ディズニーリゾートにあるアトラクションでも内容がすべて同じというわけではないので違いを比較しながら楽しむこともできます。

 

 

◎人気アトラクションや日本と違うアトラクションは?

≪ディズニーランドリゾート≫

ディズニーランドは比較的日本と同じなので東京ディズニーランド3大マウンテンは日本同様人気です。

ここでチェックしてほしいのがスペースマウンテンは2つのコースがあること、そしてスプラッシュマウンテンは縦乗りなので横に人がいないということです。ビッグサンダーマウンテンも日本とは違うので3大マウンテンはチェックしておきたいですね。

カリフォルニアアドベンチャーのアトラクションは全体的に日本にないアトラクションが多いのでまとめてチェックしてくださいね☆

特にカーズランドは外せません!!

 

★日本にないアトラクション

  • マッターホルン・ボブスレー(ディズニーランド)
  • アリス・イン・ワンダーランド(ディズニーランド)
  • ファインディングニモ・サブマリンボヤージ(ディズニーランド)
  • 眠れる森の美女のお城ウォークスルー(ディズニーランド)
  • ラジエーター・スプリングス・レース(カリフォルニアアドベンチャー)
  • ソアリン(カリフォルニアアドベンチャー)
  • グーフィーのスカイ・スクール(カリフォルニアアドベンチャー)
  • グリズリー・リバー・ラン(カリフォルニアアドベンチャー)
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(カリフォルニアアドベンチャー)
  • リトルマーメイドの冒険(カリフォルニアアドベンチャー)
  • カリフォルニアスクリーミー(カリフォルニアアドベンチャー):リニューアル中
  • ミッキーのファン・ウィール(カリフォルニアアドベンチャー):リニューアル中

 

≪ウォルトディズニーワールド≫

ディズニーワールドは4つパークがあるため日本にないアトラクションがたくさんあります。

カリフォルニアのディズニーリゾートにあるアトラクションもありますが、オリジナルのアトラクションやテーマランドがとにかく目白押しです。

 

ディズニーワールドの日本にないアトラクションやおすすめアトラクションはこちら↓で紹介しています。

 

 

◎ファストパス

ファストパスも日本同様ありますが、日本とシステムが違います。

ディズニーランドリゾートは2つの方法でファストパスが取れます。1つは日本同様で紙のファストパス、もう1つは「マックス・パス」という有料のシステム(1日1人$10)を利用して携帯から当日にファストパスを取得する方法です。

 

東京ディズニーランドもディズニーランドリゾートも紙のファストパスや当日に取るというところは同じですが、ディズニーワールドは全く違います。

 

ディズニーワールドのファストパスはなんと60日前から(直営ホテル宿泊者)ファストパスが取得できます!(一般ゲストは30日前から)

ネットでの取得になるので個人情報の登録などが事前に必要となりますが当日に早起きしてファストパスを取りに行く必要がありません。

→【WDWのファストパスの知識と対応アトラクション】についてはこちらから

 

 

【キャラクター】

スポンサーリンク

◎キャラクターグリーティングは日本と違うの?

キャラクターグリーティングをたくさんしたいという方にとってもアメリカのディズニーパークはとってもおすすめです!

日本よりも多くの場所で様々なキャラクターとキャラクターグリーティングができます。

 

アメリカのディズニーパークではフリーグリーティングということが基本なく並んでのキャラクターグリーティングになるので確実にキャラクーと写真が取れます。

日本だと写真を撮って終わりというイメージですが、アメリカのディズニーパークではキャラクーとのふれあいもあります。(時間を取り過ぎないように気をつけてくださいね。)

 

≪日本で会えない主なキャラクター≫

※キャラクターは変更になることがあります

★ディズニーランドリゾート
  • プリンセスティアナ&ナーヴィン王子(ディズニーランド))
  • ティンカーベルと妖精(ディズニーランド)
  • プーさんと仲間たち(ディズニーランド)
  • アナ&エルサ(カリフォルニアアドベンチャー)
  • オラフ(カリフォルニアアドベンチャー)

 

★ディズニーワールド
  • メルダ(マジックキングダム)
  • ガストン(マジックキングダム)
  • アナ&エルサ(エプコット)
  • ベイマックス(エプコット)
  • ジョイ&カナシミ(エプコット)
  • オラフ(ハリウッドスタジオ)
  • BB-8(ハリウッドスタジオ)
  • ポカホンタス(アニマルキングダム)
  • ラッセル(アニマルキングダム)

 

◎キャラクターダイニングの場所はたくさんあるの?

キャラクターダイニングはカリフォルニアのディズニーランドでもフロリダのディズニーワールドでも行こなわれています。

ただし、パーク数も直営ホテル数も断然多いディズニーワールドの方が実施している場所ははるかに多いです。

 

カリフォルニアでは4か所でキャラクターダイニングを行っていますが、パーク内は1か所でディズニーランド内の「プラザイン」の朝食のみです。残り3か所直営ホテル内で行われています。

登場キャラクターも場所によりますがミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィー、プルート、チップ&デールが基本で場所によってはプリンセスなどが登場します。

 

ディズニーワールドではキャラクターダイニング実施場所が多いので場所によっては会えるキャラクターも様々です。

プリンセルに会える場所やメリーポピンズやアリスに会えたりリロとスティッチに会える場所もあります。

また、カリフォルニアディズニーリゾートはホテルでの実施や朝食が多いですが、ディズニーワールドではパーク内でも実施している場所もありますしランチやディナーでも実施している場所もたくさんあります。

≪ディズニーワールドのキャラクターダイニング一覧≫

キャラクターダイニングを楽しみたい方にはディズニーワールドがおすすめです!
パーク以外にも直営ホテル内でキャラクターダイニングを実施しています。

日本にはないキャラクターダイニングを楽しめますよ!

 

 

【イベント】

◎有料イベント

アメリカのディズニーパークでは有料のイベントが行われることがあります。

一番人気はハロウィンパーティーです。

ハロウィンパーティーはカリフォルニアのディズニーランドパークもフロリダのディズニーワールドでも有料となっていて通常営業が終わった後に行われます。(ディズニーワールドはクリスマスパーティーも有料)

 

他にもスターウォーズの有料イベントやパークオープン前やクローズ後に専用チケットを購入したゲストだけ利用できるイベントなどがあります。

 

 

◎その他のイベント

東京ディズニーリゾートではシーズンごとのイベントがありパレードやショー、イベントグッズやフードで盛り上がりますよね。

しかし、アメリカのディズニーパークでの日本ほどシーズンごとにイベントは行われてはいません。

 

カリフォルニアのディズニーリゾートではディズニーランドでハロウィンとクリスマスは毎年恒例となっていますが、その他パレードなどがあるスペシャルイベントはありません。カリフォルニアアドベンチャーでは毎年違ったイベントが短い期間で時々行われますが日本ほど大々的には行われてはいません。

 

ディズニーワールドもパークによってハロウィンとクリスマスはデコレーションがされたりしますが、その他大きなキャラクターやパレードがあるようなイベントは基本ありません。

ただエプコットのワールドショーケースではシーズンごとにインターナショナルなイベントが行われ様々な国の食や文化などを楽しむことができます。

 

 

【お土産】

当たり前のことですが、東京ディズニーリゾートのお土産とアメリカのディズニーリゾートのお土産は違います。

また、日本は次々に新しい可愛いグッズが販売されますが、アメリカは日本ほどお土産には力を入れてはいません。

 

理由の一つがお土産に対する文化の違いです。

アメリカではお土産をあげるという習慣がないので自分へのお土産が基本で衣類やマグカップ、カバン、おもちゃが多いです。

 

また、お土産はディズニーランドリゾートやディズニーワールドオリジナルもありますが、カリフォルニアとフロリダ共通の商品も多いのが特徴です。

 

 

【キャスト】

はじめて海外のディズニーパーク(リゾート)へ行く方にとってビックリすることの1つにキャストの対応があります。

 

東京ディズニーリゾートと同じ対応を期待していると残念な気分になることが多いです。

日本とアメリカはサービスに対する考え方が違います。

それはディズニーも同じで東京ディズニーリゾートとアメリカのディズニーリゾートでは教育も違う分対応も違います。

 

マップを手に何か探していてもキャストから声をかけてくれることは少ないです。

また、わからないことがあれば「分からない」とはっきり言われる「ここに行って聞いたら?」と言われこともあります。

不愛想なこともありますが、話に花が咲くと色々話してくれフレンドリーに接してくれるキャストは以外と多いです。

 

日本とアメリカではゲストとキャストの距離が違うということを理解する必要があります。

東京ディズニーリゾートのキャストの対応の素晴らしさを改めて感じることもできます☆

≪カリフォルニアとフロリダのキャストの違い≫

同じアメリカのディズニーリゾートでもキャストの違いは現地の人でも感じられるようです。

カリフォルニアもフロリダもインターシップとして大学生がいます。
特にフロリダはインターシップの他に様々な国のキャストが期間限定で働いています。

常勤でない短期や期間限定のキャストが多いので文化の違いも含めて対応にも差が出てしまうこともあります。

 

【ホテル】

東京ディズニーリゾートには3つのディズニーホテルがありますが、料金は高めですよね。

 

カリフォルニアのディズニーランドリゾート直営のディズニーホテルは3つで料金は高めとなります。(TDRとあまり変わらないレベル)

ただ、カリフォルニアのディズニーランドリゾートの周辺にはディズニーホテルより安く泊まれるホテルがたくさんあり徒歩で行けるホテルもたくさんあります。

 

それに対してフロリダのディズニーワールド直営ホテルが敷地内にたくさんあります。時期によっては1泊1万円台で宿泊で宿泊できるホテルもあり長期滞在がしやすいです。また、ディズニーワールドは直営ホテルゲストの特典もたくさんあります。

→【ディズニーワールド直営ホテル一覧】はこちらから

 

 

【まとめ】

・アメリカのディズニーリゾートはTDRと違うところがたくさん
・カリフォルニアとフロリダでも違いがたくさんある
・違いはパーク数や広さ、アトラクションだけではない!

 

いかがでしたか?

カリフォルニアのディズニーランドリゾートもフロリダのディズニーワールドもそれぞれ魅力がありどちらも行きたくなりますよね。

フロリダは広い分色々楽しめますが滞在日数が必要となり、カリフォルニアは直行便で行けて短い滞在日数でフロリダよりは気軽に行けます。

 

あなたはどちらのアメリカのディズニーリゾートへ行きたいですか?

 

≪フロリダのディズニーワールドが気になったら、、、≫

フロリダのディズニーワールドは世界のディズニーリゾートは違うところが多く知らないと損してしまうこともたくさんあります。

予約開始日なども非常に早いので計画を立てる前に一度こちらの記事をチェックしてみてください☆

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

皆さんのWDW旅行が夢と魔法いっぱいの素敵な旅になりますように、、、☆

 

それでは、

Have A Magical Day☆

スポンサーリンク

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

お気軽にお問い合わせください。

こんな情報欲しい、こんなこと知りたいなどなどあればコメントや問い合わせメールでご連絡ください。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブでも

アメリカのディズニー(特にディズニーワールド)情報お届けしています。

(FacebookとTwitterでブログ&YouTube更新のお知らせあり)

フォローよろしくお願いします。

 

〈Twitter〉   Have A Magical Day : @Disney_Chairo
〈Instagram〉 Have A Magical Day : @disney_chairo
〈Facebook〉 Have A Magical Day : @DisneyChairo
〈YouTube〉 Have A Magical Day Channel ←ここをクリック

Have A Magical Day Channel では、ディズニーワールドやディズニークルーズラインについて紹介しています。(将来的にはカリフォルニアやハワイのディズニーについてもYouTubeで紹介していけたらと思っています。)
イベントやエンターテイメント、お土産特集、リゾートホテルなどなどの動画をアップしています。また、チャイロのWDW&DCL旅行記も随時アップして行く予定です。チャンネル登録お願いします

 

フロリダディズニーワールドが興味がある方こちら↓をぜひ見てください☆
(2分程で簡単にディズニーワールドをまとめた動画です。)

2 Responses to “アメリカのディズニーランドとディズニーワールドの違いは?日本との比較とカリフォルニアとフロリダパークの魅力!”

  1. 10月にデェズニワールドに行きますが、家族とはぐれた場合、
    スマートホーンと連携するチップなどありますか。

    • 藤田 様

      コメントありがとうございます。

      ご家族とはぐれた際ですが、もしご家族がスマートフォンをお持ちであればパーク内はフリーWi-Fiが通っているのでLINEなどのメッセージなどで連絡を取ることが可能です。
      人が多いところやアトラクション内などはWi-Fiの電波が弱いですが、はぐれたさいのメッセージであれば比較的連絡は取りやすいです。

      連携するチップとはアメリカ用のSIMカードのことでしょうか?

コメントを残す